valleywagによればLong TaleTailについての騒ぎは現在こういう状態になっているらしい(最後のビデオはよく分からん)。

Here’s what’s happening today in the world of the Long Tail (Wired editor Chris Anderson’s niche-marketing theory, recently disputed in the Wall Street Journal):

  • Professional troll (and a damn good one) Nick Carr invites the recently critical Journal writer to continue badgering Anderson about his book. The writer badgers on command. [Rough Type]
  • VC blogger Fred Wilson, tired of reading about math, instead wants to talk about the virtual world, and how he’s happier there than in the real world, and how all his friends in his Second Life book club are so supportive of his lifestyle choice. [A VC]
  • Newsome.org takes the right tack and calls this debate like a by-the-rules boxing match. [Newsome.org]
  • ZOMBIES!
    [Mickeleh’s Take]

    The Long Tail chatter: Now with horror movie trailer – valleywag

当然と言えば当然だが、わが国のBlogSphereはNerdNeetとGeekが大勢を占めており、働いていないNerdNeetは別としてGeekの方はネットバブル以降の救世主としての「Web2.0」に多大な期待を掛けているせいか、ちょっとママがFlickrにけちをつけたくらいで「物議をかもしてしま」う有様である。

「Web2.0」の重要なBuzzWordのひとつであるLong taleTailについても、最近になって何故かマルクスに引っ掛けた訳の分からない議論と、高名な経済学者の名前が出てきたので空疎な議論に箔を付けようと喜び勇んで頓珍漢な反論を試みたアホウがいたが、造語を繰り返しているだけで気分がハイになってしまう一部の馬鹿を除いて、大抵の人間はまぁ流行り言葉の意味くらいは覚えておこうか、程度の認識であろう。

そのBuzzWordが大分怪しくなってきたというのが今回の事件。
事の発端は、LEE GOMESという人がWSJで「The Long taleTail」なんて大騒ぎするほどのものじゃないって言ったこと。

Chris Andersonは本の冒頭で、音楽配信業者ECastが提供する楽曲の98%は四半期内に1回は再生されている事象を「98%ルール」と名付けたが、GOMESによれば、2年後の現在(この間にtaleTailは長くなっている筈)、「no-play rate」が2%から12%に上昇しており、同業のRhapsodyにおいても、110万曲のうちの22%は再生されたことすらなく、1回か2回再生されただけの曲が19%もあるという。

Long taleTailの要点は「ヒット商品の地位の低下」だが、現実を見るとECastは全曲中の10%が配信数の90%を占めているそうだしRhapsodyも同様だと言う。Bloglineにしたって120万のblogのうちの10%が全体の88%の読者(subscription)を確保していて、35%は全く読者がいない。またAppleの人間がこっそり見せてくれたiTunesに関する非公開データによれば、その販売傾向はビルボートとそっくりだそうだ。

よく引き合いに出される「Amazonの売上の25%はテール部分から生み出されている」という主張に関しても、Amazonの売上の75%が全タイトルの2.7%から構成されているという事実を逆の面から言っているに過ぎない、とばっさり。尾っぽが頭を凌駕しているような事例はどこにも見当たらないじゃん、ということになってしまった。

当然Chris Andersonの方は自身のblogで反論を試みているのだが、本のカバーの記述の半分を意図的に省いているの何だのと詰まらない事を言っているだけで、あんまし説得力がない。在庫を無限に持てるという前提においてはパーセンテージによって頭と尾を区別するのは意味を成さないとか言って、次の例でそれを説明しているのだが、

Let’s say you have 1,000 items and the top 100 (10%) account for 50% of the sales. Then you add another 99,000 items to the catalog, and the sales of that top 100 fall to just 25% of the total, while it takes another 900 items to make up the next 25%. I would say that demand has shifted down the tail, because those top 100 items have dropped from half the market to just a quarter of it and the rest of the demand is spread over more items.

But by Gomes’ math, we’ve gone from a market where 10% of products make 50% of the revenues to one where 1% of the products make 50% of the revenues–in other words, it’s become more hit-centric. I think this is simply a misunderstanding of basic statistics, and I’m disappointed that Gomes, despite many emails from me and at least one economist to him on this point, chose to simply say that I don’t agree with that approach (but not why).
The Backlash, Chapter 1 – The Long Tale

アイテム数が1,000から10,000に増えたとき、「demand has shifted down the tail」した結果、トップ100による売上が全体の50%から25%に低下するとか言っているが、これこそSatistical Fallacy(詭弁)としか思えない(上に引用はしていないが、ChrisがGOMESに充てた言葉)。
これって、ある集合においてその内の10%が全体の50%の収益を稼ぐという前提を、1,000の集団と99,000の集団それぞれに別個に当てはめてから足しているに過ぎないが、金額を考慮せずに比率でものを言っているだけだ。それぞれの集団の10%が稼ぐ金額が同じになるという保証はどこにあるんだ? (それがないと追加した後に25% : 25%にならない)

現実には、商売するときは売れ筋を中心に品を揃えるものだろう。だから、追加の99,000は基本的に全てテールであり(少なくとも1,000しか持っていなかった時にはそう見做していたアイテム)、相変わらず収益の大半は最初のトップ100が生み出しているんだよ。そう考える方が数字を捏ね繰り回しているよりよっぽど自然。99,000の中からトップ100に入るヒット商品が生まれることも勿論あろうが、原則的にはGOMESの計算の方が現実に近い。

この反論に対する反論が何故かNicholas Carr(Michael Arringtonのことを「madam of brothel 」と言った奴)のBlogに載っている(GOMESがCarrに充てたメールが紹介されている)。

it is simply NOT true that his economist told me my approach was wrong, as he says on his blog; the exact opposite occurred. I also spoke to the head of the statistics department at a UC college who said my approach was the more “natural” one.
Lee Gomes responds to Chris Anderson – ROUGH TYPE

彼の結論は「I would never say that the Internet isn’t changing a lot of things, including perhaps consumption patterns. But in case I haven’t made myself clear, I don’t think it’s changing things as much as Chris does.」というシンプルなもので、最初にWSJに書いたものと何ら変わっていない。むしろ、Anita Elberseという先生に関してのChrisの記述に怒っていて、

While I am at it, I’d like to correct an extremely serious misrepresentation Chris made at the end of his blog posting, to the effect that Anita Elberse of Harvard “urged” me not to characterize her work the way I did. This is manifestly false.
Lee Gomes responds to Chris Anderson – ROUGH TYPE

とか書いている。実際、このセンセイはChris Andersonのblogにコメントしていて、

You say “Nielsen VideoScan data (…) is almost entirely taken from bricks-and-mortar sources.” I don’t think this is entirely correct. The VideoScan data reflect both offline and online sales, and actually break them down by channel. The breakdown is not as detailed as one might wish in an ideal world, but they do allow one to track whether, say, the share of offline sales go down over time. Therefore, I do think the fact that my colleague and I only observe a “slight” shift is meaningful.
Posted by: Anita Elberse | July 26, 2006 at 02:26 PM

と言っているので、どうもChris の形勢が悪い。

Other economists are reaching very different conclusions from Chris. After I started asking Chris questions about his findings, he gave me the names of three economists who he said would back him up. One of them I ran out of time to call. One of them was Prof. Elberse. The third was MIT’s Erik Brynjolfsson, who told me that there indeed is a shift occurring as things move online, but it’s on the order of an 80/20 distribution moving to a 70/30 one. Had I had more space, I would have mentioned this as well, for it too is less earth-shattering than what the book leads readers to believe will occur.
Lee Gomes responds to Chris Anderson – ROUGH TYPE

要するに、尾っぽは長くなったものの、少なくとも現時点においては未だそれほどの影響力は有していない、ということのようだ。

Fred Wilsonのエントリはつまんないのでどーでもいいや。ベンチャー・キャピタリストなら数字のところで議論せーよw
他のblogやコメントなんかも、面倒くさいので読んでない。

Technorati Tags: , ,

[ 追記 ]

このエントリを書いた直後にC|Net Japan がChris Andersonのインタビューを掲載しているではないか。どうやらC|Net Japanの編集部は忙しくて海外のニュースを読んでる暇もないらしい。LEE GOMESが事実と異なると指摘していたケースがてんこ盛で紹介されているので、読んでいて痛々しいことこの上ないw

こうして消費者はヒット商品からどんどん離れ、いわゆる「ロングテール」の領域に入っていく。Netflixでは、販売数が5万位の商品でも利益を上げることが可能だという。

そう、私はPowerPointで作ったプレゼンテーションをいくつか用意していたのですが、その中で「98%ルール」という表現を使っていました。つまり、オンラインショップでは、どんなに多くの在庫を抱えていても、全体の98%の商品が最低月に一度のペースで売れてゆくというルールです。

一番驚いたのは、実は、さまざまな業界で、私が予想もしなかったロングテール現象が把握されていたことです。

「ロングテール理論」の提唱者クリス・アンダーソン氏に聞く – C|Net Japan

単なる本家の翻訳記事に過ぎないから、実際にインタビューを行ったのはWSJにLEE GOMESが寄稿する以前だったのかもしれないので、インタビューの内容がそれに触れていないのは致し方ないとしても、記事全体を見てもWSJに関する記述は見当たらず、間抜けなことこの上ない。

広告