引用が多い(あるいはほとんど)、というエントリを時々見かけます。
[Web]どうやらネットを便所だと思っているらしい落書き系ニュースサイト『J-CAST ニュース』 – シナトラ千代子

ドキッ

書籍やブログ、話題などの「紹介」という意味合いがある場合はともかく、通常はあまりオススメできないというか、引用ばかりで結局なにが言いたいのかよくわからないエントリなどを読むと「薄いからやめろ」とさえ言いたくなります。薄くてマズい。
[Web]どうやらネットを便所だと思っているらしい落書き系ニュースサイト『J-CAST ニュース』 – シナトラ千代子

ドキドキッ

で、引用部分を除いたオリジナルな文章の量と引用文の量を比べることで、そのエントリの濃度を計ることができるのではないか、と考えてみたわけです。
たとえばジュースなどに表示されている果汁▲%、みたいな。果汁では変なので、バリュー80%、とか*1。
ちょうどいいサンプルがあったので、実際に計ってみました。
[Web]どうやらネットを便所だと思っているらしい落書き系ニュースサイト『J-CAST ニュース』 – シナトラ千代子

やべぇ!!

○J-CAST ニュース : 女流作家「子猫殺し」 ネット上で騒然
こういった記事はニュースとして書かれたものなので、状況を示すために引用が増えるのはしかたがないかもしれません。けれどもここで引用されているのは批判のみであって、ニュース記事としての公平さはまったくない。つまりこれはニュースではなく、ただの(週刊誌的な)煽り、もしくは記者の主張と見ていい。記者個人の主張であるにもかかわらず、記事の大部分を引用によって水増ししていることは以下の数字を見ればわかります。

引用部分、それに固有名詞や日時、「掲示板」「エッセイ」などの意味のない単語をすべて消去した文章の、文字数をカウントしてみた結果↓

* 元の文章 1356文字
* 消去後  416文字

消去後をオリジナルな文章とすると、たったの31%しかない。バリュー31%。低い。これは説明的な文章を除いたらほとんど空っぽ、ということです。で、空っぽな文章のあちこちに悪意だけが残る。これはかなり甘く見ても引用部分が「主従」の「主」であって、オリジナルな文章は「従」でしかないので、引用の要件さえ満たしていない。
[Web]どうやらネットを便所だと思っているらしい落書き系ニュースサイト『J-CAST ニュース』 – シナトラ千代子

あー良かった、槍玉に挙げられなくてw
それにしてもこのサイト、「J-CAST ニュースについて」というページを読むと、元朝日の人が作っているみたいなんだけど、たまたまそこに記載されていた「関連記事」が微妙w
jcast.jpg
なんか関連してるんだw

広告