YouTubeとWarnerが提携したようだが、まだ不明な部分が多すぎる。

Financial details haven’t been disclosed yet, but may include a cut of advertising revenue in exchange for licensing rights. It’s also unclear who will pay the royalty fees; that payment may come out of the advertising revenue or it may be demanded of the individual users who have put Warner music in their videos.
Warner to license music in YouTube videos – TechCrunch

金を払ってまでWarnerのミュージシャンの宣伝をしてやろうと言うユーザーはあまりいないだろうから、ライセンス・フィーはYouTubeが負担するんじゃないのかね。

ともかく、これでWarnerに所属するアーティストのプロモをアップしたり、また自分のビデオにBGMとして使用することはおおっぴらにやっても差し支えなさそうだ。しかし、TV番組に出演した映像をアップするときにはどうなるんだろう。TV局側の著作権とかややこしそうな問題は残っているように思われるが。

This is big news, as the legal dilemma of copyrighted content has been the primary barrier to YouTube’s possible acquisition and has presumably cost the company in possible advertising revenues. If a similar deal can be made with other record labels, the landscape of user generated content could be changed radically.
Warner to license music in YouTube videos – TechCrunch

他の企業との提携が促進されるのは大いにあり得る事だろうし、収益が確保されるのは喜ばしいことだけど、「the landscape of user generated content could be changed radically.」ってのはどうなのかね。ぶっちゃけ、今だって結構いろんなアーティストの映像は見れるわけだし。

While it’s very exciting that a new model is being created, the caveat that Warner will have effective veto power over videos using their music is particularly interesting.
(中略)
Instead of the distributor locking down the content by default, use is open by default and can be closed at the rights holder’s discretion. It’s a very real recognition of the promotional power of copyrighted content being reused in original art. I think it’s great news.
Warner to license music in YouTube videos – TechCrunch

Warnerにコンテンツの使用に対する拒否権を認める条項があるらしい。このことから、ユーザーのコンテンツ使用をデフォルトで認めつつも、いざと言う場合にそれを拒絶する権利を予め著作権保有者に与えておくという仕組みを「Great news」と言っているが、これも表面的な事象だけに注目した場合には、現状とあまり変化はないように思える。

Technorati Tags: ,

powered by performancing firefox

広告