You might remember that YouTube had a deadline of last Friday to respond to the demands of The Japan Society for Rights of Authors, Composers and Publishers (JASRAC). The group, which consists of 23 powerful Japanese media associations, listed a string of concerns in a letter sent to YouTube on December 5th.
YouTube Concedes To Japanese Demands – Mashable!

すっかり忘れてた。つーか、知らなかったw

According to reports out today, founders Chad Hurley and Steve Chen replied to the letter and agreed to post a copyright notice on YouTube in Japanese as well as English – this will only be shown to Japanese users. They also said they’d consider flying out to Japan to discuss the issue (translation: please don’t sue us!). However, some sources suggest that JASRAC just sent a second letter to complain about more copyrighted clips, so the issue isn’t over yet.
YouTube Concedes To Japanese Demands – Mashable!

JASRACが日本語の警告表示を要求していて、Chad Hurley とSteve ChenはOK出していると。Mashable!の「意訳」では随分とYoutube側の腰が引けているようだがw

この場合、新しいプラットフォームは透明なE2E型になってリスクをプールせず、クリエイターがリスクもリターンも取ることになろう。 Google/YouTubeのようなプラットフォームでビデオが流通するようになれば、日本のコンテンツ産業の構造も変わり、クリエイターに利益が還元されるようになる可能性がある。これに対して著作権の保護を口実にしてIP放送を妨害し、P2Pを犯罪に仕立てようとする仲介業者は、クリエイターの利益を守ると称して、仲介のボトルネック独占を守っているのである。コンテンツ産業を活性化するために必要なのは、著作権(という名の既得権)をこれ以上強化することではなく、競争政策を厳格に運用してこうした古い仲介業者を解体することだろう。
クリエイターに必要なのは著作権の強化ではない – 池田信夫 blog

広告