資本家が受け取る配当は、決して不労所得じゃありません。本来の投資家は、どの会社が伸びて社会に貢献してくれそうかを真剣に考えて選ぶんです。個々の投資家がそうやって真剣に考えるから、見込みのあるところに資本が供給される。その結果、計画経済よりも資本割り当てが効率化される。その「真剣に考える」という労働の対貨が、配当です。まあ完全出来高払いですけど。
私が株嫌いな理由 – Rauru Blog

配当は不労所得ですよ。株買ったあとはなぁんにもしてないんですもの。「真剣に考え」ることなく適当に買ったとしても,総会の承認が得られれば配当は支払われます。

「伸びそうな企業を助けるために株を買ったけど、実際に成長して値上がりしたから売る」というのはまあ許しましょう。それも、配当と同じく労働の対貨と見なせなくもないかんね。
でも「最初から値上がりしそうな株を買う」となると、かなり疑問符がついてきます。それは投資という本来の目的から外れてないかい?
私が株嫌いな理由 – Rauru Blog

そもそも株式は不特定多数の人から資金を集めるための手段のひとつです。昔は一人ないしは少数の金持ちが出資を行ってたんでしょうが,産業の規模が大きくなってくると,なかなかそれでは賄いきれなくなってくる。そこで出資を証明する紙切れをいっぱい刷ってお金を出した人に渡すことにしました。

一方,株を買った人が何かの都合で途中で手放して資金を回収したくなることもある。一度買ってしまったらその企業と一蓮托生というのでは使い勝手が悪いし、萎縮して投資促進を阻害する。そこで、株を売ってしまいたい人と、新たに投資を行いたい人とを結びつける場所が株式市場です。

但し売るときの値段は投資したときの価格と同じとは保証されていない。だから最初のときよりもあがっていることもあれば下がっている場合もある。それは当事者同士が自由に決めればよい。かと言って同一時点で値段がバラバラでは売り買いするときの目安とならず混乱するので,市場ではオークション形式を取って需給関係で決まるようにしてます。

市場で株を買った人のお金はその企業ではなく売った人にいくので、資本を増加させることはありません。企業の資本が増加するのは新たに株式を発行したときです。だから既に発行されている株式を買う人の目的は配当と値上がり益ということになりますが、そういう人もいてくれないと売りたい人が株を売れません。

「投資」と「投機」の厳密な区別はありませんが、流動性を確保するために「投機」を行う人も株式市場には必要です。その代わり、買ったあとに値上がりしようが値下がりしようが,それは買った人の自己責任です。昔、証券会社の損失補填が問題となったとき、お得意様に便宜を図るのは通常の商行為であり、補填の何が悪いのか分からないと言っていた人がいましたが,これは自己責任原則が全うされないからダメなのです。

株で儲かったか損したかは結果に過ぎず,誰もが自由に売買できる状態にあることが重要なのです。

キャピタルゲインにはあと「社会全体の信用量を拡大させる」という効果もあります。美人コンテストであってもとにかく株価ががんがん上がって行けば、みんなの見掛け上の資産価値も増えるわけで、そうすると金を貸す側も「大丈夫そうだ」って思うし、金が回って行くようになって、経済が活性化する。
でもこの信用量という概念がまた、うさん臭いものに見えて仕方が無いんですよ。金本位制みたく何か安定した保存量を裏付けにしてればともかく、信用って結局は「信用するかしないか」っていう気持ち次第でしょ。それも「他のみんなも信用してるから信用する」という循環論法。いつ何時暴落するか保証の限りでない。まあ金本位制でも「金の価値を信用するか」って話はあるんだけど、それよりアレフ1個分ぐらい不安定さが上ぢゃろ。
私が株嫌いな理由 – Rauru Blog

突き詰めると最後は「『信用するかしないか』っていう気持ち次第」というのは,私もそのとおりだと思います。神様でない限り全てを見通すことは出来ませんしw 「信用量」というのが、数字ではっきり見えてくるのが市場なのでしょう。信用が落ちれば全ては逆回りします。ひとつの会社をとってみても、成長しているとき、安定しているとき、落ち目になってきたときと、いろいろな状態があるわけですが、株式市場は特に先読みをしようとする傾向が強いので,上昇と下降が時には激しい動きとなって現れます。

そうゆう人の気分次第で上下するようなわけのわかんない量が基盤になってる社会てのがそもそも間違ってませんかあ?って思っちゃうわけなんですよ。
私が株嫌いな理由 – Rauru Blog

仰っている通り、まさに「不安定」なんですが、国債だって値段は動くし、銀行預金だって潰れれば返ってこないわけで、安定しているものなど殆どないです。社会主義は失敗しましたし,「不安定」であることが成長にも繋がるわけで、ある程度は仕方がないのではないでしょうか。

広告