こんな美人がいるなんてというくらいの美人がバスに乗ってきました。一目見ただけで思わず憧れに似た気持ちを抱いてしまうくらい、その女の人は美人でした。誇張ではなく輝いて見えて、それは外見の美しさもさることながら、余裕のある自己肯定感みたいな素敵なものが心に巣食っているからに違いありません。バスの乗客全員がその女の人に注目していました。停留所から発車してすぐ、「ちょっとバッグを持っていてもらえます?」とその美女が私に頼んできました。
こんにちは、藤原紀香です。 – クリスティーナ・アギレラ

むう、こんな凄いものがアップされていたとは。

広告