「fiction」ではなく「fantasy」という言葉を持ってきた点が気になる。アニメやAVなどといった目に見えやすいものの他にも、世の中は「ファンタジー」だらけ。

ファンタジーに触発されて犯罪に走るのは、子供の専売特許ではないし、我々の社会はその「いいわけ」を認めない。私見ではあるが、ある事件に対して加害者がファンタジーをダシにしたら、罪を重可算するべきではないのだろうか。

リアルの問題をファンタジーのせいするのは百年遅い – 404 Blog Not Found

神を信じて十字軍に参加し異教徒をぶっ殺していた奴とか、共産主義の膨張を防ぐためにナパーム弾落としていた奴も「罪を重可算するべき」やなw

広告