Tameshigiri is the Japanese art of target test cutting. The kanji literally mean “test cut”. This practice was popularized in the Edo period (17th century) for testing the quality of swords and continues through the present day.

Japanese Sword Slicing Through A Tomato (super-slow-motion) – VideoSift

おいおいおいw 江戸時代にトマトなんかがポピュラーであったとは思えないし、そうであったとしても、そんなやわらかいもの切ったって仕方ないだろwwww

日本には江戸時代の寛文年間頃に長崎に伝わったのが最初とされる。青臭く、また真っ赤な色が敬遠され、当時は観賞用で「唐柿」と呼ばれていた。中国では、現在も「西紅柿」(xīhóngshì)と呼んでいる。日本で食用として利用されるようになったのは明治以降で、さらに日本人の味覚にあった品種の育成が盛んになったのは昭和に入ってからである。

トマト – Wikipedia

広告