また、引用ですが、このあたりを読むと、LBOファンドが上場を目指す理由がわかってくるというか、見えてくるというか。
つまり、住宅バブル崩壊の前兆が見え始めた。

バブル崩壊によるリスクが増大し、景気の見通しが不鮮明に

LBOは、非公開化してからIPOしないと儲からない。

しかし、リスクが高まり、IPOするまで待っているのは危険になってきた。

そこで、LBOファンドそのものをIPOすることで、そういったリスクを回避する

ああアメリカ経済が心配だ – Fifth Edition

別に経済なんぞに詳しくなくとも、ごくごくフツーに読んだだけで2つ目までと3つ目以降とが繋がっていない事は直ぐに分かる。住宅バブルが崩壊すると何故LBOファンドがIPOに走るのか。景気が悪くなれば株式市場も低迷するから、というのであればファンドの中身に限らずLBOファンド自体のIPOも困難となる筈である。これはファンドの中身が不動産関連企業ばっかしという想定でないと因果関係が成立しない。The blackstone GroupのHPを見ると、確かにreal estate groupというのがあるが、他にもPrivate Equity GroupCorporate Debt Groupなどがあり、不動産ばかりではないことが分かる。因みにPrivate Equity Groupの項には「Blackstone has invested in over 100 companies in a variety of industries, geographies and economic environments. 」と記載されている。エントリが参照しているウォールストリート日記にも「LBO部門以外にも巨大な不動産投資ファンドやM&Aアドバイザリーの部門などを有するBlackstone」と書かれてある。もしも参照先以外にそのような情報があるなら、それを紹介した上で、エントリの中でその因果関係を説明しておくべきであろう。そうでないと「まとめ」にはならない。

相変わらず他人のblogの内容をあちこちから引っ張ってきただけの、小学生の夏休みの自由研究程度の内容。「まとめてみようと思います」とか言ってるが、単なる羅列に過ぎずちっともまとまってなどいないし、考察と言えるほどのものもない。「まとめ」をリンクの集合と勘違いしており、借りてきた金融関係用語で何か立派な記事を書いたつもりになっているだけだ。改行だらけのスカスカの文章は、情報をばらばらに転記するだけで自分では何も考えてないことを示している。読みやすいエントリを書くためには改行しよう、とかいう記事がどこかにあったが、むやみやたらと文章を分断しても却って読みにくくなるだけであり、むしろ思考停止を促しかねない。分裂君はこれを意図的にやっているが、この人は無自覚である。というか、自らが思考を停止しているのでそうならざるを得ない。改行などしなくとも、意図が明確となっていれば読みやすい文章は書けるし、まっとうな読み手は即座に意味なく改行された文章の中にある欺瞞に気づく。情報をつまみ食いするだけのU35世代の弊害が、ここに如実に表れている。情報があふれ返っているから、何かひとつのものに集中するといった行為が面倒でならず、斜め読みしか出来ない体質が染み付いている。日本のblogosphereの質がなかなか向上しない要因がここにある。

広告