百貨店「高島屋」は立川店(東京都立川市)などで、静かにショッピングを楽しみたいという客に声かけを控えるサービスを始めた。希望する客には、店内に用意したカードを首にかけてもらい、店員からは話しかけないようにする。
 カードの名称は「S.E.E.(シー)カード」。英語のSilent(静かな)、Easy(ゆったりとした)、Each(それぞれ)の頭文字から取った。「シーッ」と、人差し指を口元にたてるしぐさの図柄が描かれている。
 今月4日から立川店と岐阜店(岐阜市)の2店で試験導入した。立川店では、27日までに利用した客はまだ5人だが、「アイデアはいい」「今後も使ってみたい」と反応は上々という。(2007年4月28日13時19分 読売新聞)

声かけないでね…カードを付けて静かに買い物 – YOMIURI ONLINE via はてブニュース

ワロタw

このカードを首からぶら下げてない客にはガンガンお声掛けをしていくっていう宣言かよww 商品見てるだけで「何かお探しですか」と寄ってくる店員を鬱陶しく感じる人が増えている、みたいな記事は数十年前から目にしていたもんだから、とっくにそんなことしないのが小売業界のdefaultになっているものと思っていたよw

「Each(それぞれ)」というのは、人それぞれって意味だろうか? 鬱陶しいと感じる人もいるだろうが、他方では声をかけられるのを待ってるお客さんもいる筈っっ!! っていう、売る側の思い込みが如実に表れているようで、なんとも可笑しいw そりゃ、いるこたぁいるだろうけど、今じゃ少数派なんだと思ってたw

買い物の楽しみはコミュニケーションであって、店員との会話が面白かったら例え欲しくないものでも買う、みたいなことを言ってたオッサンがいたが、スペックと費用対効果重視で、その確認中に邪魔されたらキレかかってしまうオイラには信じられない話だった。でも、なんとか市場ぁ!みたいなところで、元気なにいちゃんが声を張り上げているような場所ではそういう楽しみ方が正解なのかもしれない。どーでもいいもの買う時にはスペックなんか気にしないし。ま、時と場合によるわな。

しかし、わざわざそんなカードを取りに行くのも面倒だし、なんか恥ずかしげじゃない? 利用者はたった5人だけだったというし、「上々」だったという「反応」も、その5人のものなんじゃないの?

広告