どこかで出馬と報じられていたが、断ったのか。

夏の参院選で、自民党から比例区に立候補の要請があったが断ったJ1横浜FCのFW三浦知良(40)が17日の練習後、「僕はサッカー選手だから。政治のことはわからない」と、断った理由を話した。

「僕はサッカーが仕事」自民の出馬要請を蹴ったカズ – Asahi.com

まっとう。極めてまっとう。

要請を受けた時、「相手があることなので、その場では断らなかったが、考える時間が必要ということではなく、判断はまったく迷わなかった」という。

「僕はサッカーが仕事」自民の出馬要請を蹴ったカズ – Asahi.com

常識人だ。

自民党がスポーツ選手など著名人を擁立しようとしていることについては「業種は関係なく、政治に興味がある人はやればいい」と語った一方、「でも、僕はサッカーが仕事」と、政界進出には関心がないことを明らかにした。

「僕はサッカーが仕事」自民の出馬要請を蹴ったカズ – Asahi.com

うんうん。有名人を起用する戦略は愚劣だが効果があるのもまた事実。真剣に取り組んでくれるなら素人の有名人でも構わない。そして関心がなければやらなければいいのもまた当然。

[ 追記 ]

かと思えば、こういうお調子者もいる模様。

広告