私は見栄っ張りなので、NoはYesと言えるときでないと言いたくない。本当に出来ないときにはNoじゃなくて I’m sorry って言う。

YesなくしてNoなし – 404 Blog Not Found

確かにNoとは言わないけど、いつもSoって言ってるんだよなw

「そう。変わっていくのは、君も。」
「そう。定義。格差は観察するだけで顕在化するが、」
「そう。日本が曲がりなりにも滅びずに来たのは、」
「そう。もともとListとArrayは別物なのだから。」
「そう。Haskellに対するPugsのようなものが欲しい。」
「そう。実は副題の「禁じられた数字」こそが、本書の本題で」
「そう。本書の挿絵は、いしいひさいちの4コマ漫画なのだ。」
「そう。「狂った裁判官」とは、著者自身のことでもあるのだ。」
「そう。実はどんな道具でやるかというのも、設問のうちに入る。」
「そう。本質的には、二次元を移動する乗物には、」
「そう。本シリーズは21世紀の「タイムボカン」なのです。」
「そう。数量という。」
「そう。「自分で確かめられる」。」

広告