Seadragon 金曜日, 6月 1 2007 

Using photos of oft-snapped subjects (like Notre Dame) scraped from around the Web, Photosynth creates breathtaking multidimensional spaces with zoom and navigation features that outstrip all expectation. Its architect, Blaise Aguera y Arcas, shows it off in this standing-ovation demo.

Talks Blaise Aguera y Arcas: Photosynth demo via Videosift


Seadragon is an incubation project resulting from the acquisition of Seadragon Software in February. Its aim is nothing less than to change the way we use screens, from wall-sized displays to mobile devices, so that visual information can be smoothly browsed regardless of the amount of data involved or the bandwidth of the network.

The Seadragon team is currently tuning its DirectX implementation, making the most of the new Windows Media Photo format, and cranking on the Photosynth Technology Preview.
Seadragon – Microsoft Live Labs

SpeakersのコーナーにJohn Doerrの演説もあった。

Speakers – Ted.com

LOLCATS 木曜日, 5月 31 2007 

ここ数ヶ月、英語圏のブログ等で、文法的におかしな英語やネット用語等からなるユーモラスなキャプションの付された、猫の画像を見かけた方も多いでしょう。それらはLOLCATSといって、まぁ日本でいえば、猫の写真を、はてなセリフで2ch語と掛け合わせたみたいな感じで、可愛い猫とユーモラスなキャプションとの対比が、激烈なカワユス効果を生み出しています。最近では、猫に限らず、様々な動物や、果ては世界的に有名なギークさんたちもその餌食となったりしています。

■[ネット文化]君は新言語LOLCODEを知っているか? – antipop

こんなん見つけたけどw

LOLgays Winning In Yur Internets – Gawker via Laughing Squid

Google Gears 木曜日, 5月 31 2007 

Google has released a browser plug-in called Gears, which enables people to use web apps while offline. The technology behind the plug-in gives developers the ability to implement offline functionality into their browser-based web apps. Gears is an open source collaboration between Google, Adobe, Mozilla, and Opera.

Google Gears in Context – Browser Gets a Boost From Google – Read/Write Web

なんかもう、今日はこればっかなんだけど。
「We’ve written many times before about the need for offline web app access」とか「This is all about making the browser a stronger platform」とか、どこまでWeb2.0に毒されてんだよ。ネットにアクセスしないbrowserなんかbrowserじゃねーだろ。視野狭窄に陥ってるとしか思えん。なんでもかんでもweb appsにしたって重くなるだけじゃねえか。あー、おいらももう爺か…。

Firefox Add-ons Leave Your Computer Vulnerable 木曜日, 5月 31 2007 


Mozilla Firefox extensions have been found to be dangerous and capable of enabling hackers to access your personal information. Researcher Christopher Soghoian has found that the automatic updates from Firefox extentions can present a way for criminals to be ushered in to your computer.

Firefox Add-ons Leave Your Computer Vulnerable to Criminal Activity – mashable

あらやだ。

A vulnerability exists in the upgrade mechanism used by a number of high profile Firefox extensions. These include Google Toolbar, Google Browser Sync, Yahoo Toolbar, Del.icio.us Extension, Facebook Toolbar, AOL Toolbar, Ask.com Toolbar, LinkedIn Browser Toolbar, Netcraft Anti-Phishing Toolbar, PhishTank SiteChecker and a number of others, mainly commercial extensions.

A Remote Vulnerability in Firefox Extensions – slight paranoia via Techmeme

有名どころばっかしじゃん。

The vast majority of the open source/hobbyist made Firefox extensions – those that are hosted at https://addons.mozilla.org – are not vulnerable to this attack. Users of popular Firefox extensions such as NoScript, Greasemonkey, and AdBlock Plus have nothing to worry about.

A Remote Vulnerability in Firefox Extensions – slight paranoia via Techmeme

公式にあるやつとかGreasemonkeyは安全だと…。

In addition to notifying the Firefox Security Team, some of the most high-profile vulnerable software vendors (Google, Yahoo, and Facebook) were notified 45 days ago, although none have yet released a fix.

A Remote Vulnerability in Firefox Extensions – slight paranoia via Techmeme

45日も前に通報済みなのに、どこも反応していないらしい。こういう場合、どっちが正しいのか判断しづらいよなぁ。

I don’t care Who’ll kill Google. 火曜日, 5月 29 2007 

Robert X. Cringely’s “The Final Days of Google” is the must read. Is it going to be an inside job? -You be the judge. シリコンバレーのベテラン人気ジャーナリストが描く、グーグル崩壊のシナリオ。必読。

グーグル最後の日々:The Final Days of Google – in Japanese – Long Tail World

YAMDAS現更新履歴でも取り上げてたやつだよな。「個人的には疑問である」との事だったので大して気にも留めてなかったが、Sashimi氏(確かtechCrunch日本版にも係わっている人)が訳を載せているので読んでみた。

グーグルの何百人という社員 — この数はすぐ何千人という数に膨らむ–がオプションをベストして支払能力をつけていくにつれ、時間と金、経験を兼ね備えたグーグルOBの数は増えていく。その数はポタポタ垂れる水の一滴から小川に変わり、やがて洪水になるだろう。そしてその中から、辞めた職場で却下された何千というアイディアの夢の実現に猛進する人が出てくる。

グーグル最後の日々:The Final Days of Google – in Japanese – Long Tail World

要するに、Googleが高給で引き抜いた多数のHacker連中が、就業時間の20%を使って考案したアイデアを経営側に却下された恨みが積もり積もってGoogleを「殺す」原動力となるって話なんだが。

そんなこと、どこの企業にでもある話じゃん。優秀なGeekはMicrosoftにだってeBayにだっているだろう。そいつらが様々なアイデアを持っているであろうことは分かるが、だからと言って即、起業に結び付くとは限らない。優秀だからと言って斬新なアイデアを思いつくとも限らないし、そんな連中とは全然違うところからこそ、ヘンなアイデアが飛び出てきて新しい潮流となるような気もする。

「今後サンドヒル・ロード(VC密集エリア)に殺到するアイディアの多くはグーグル元社員が出す事業企画にな」ったとしても、それがどう「Googleの最期」に寄与するかの道筋が全く考慮されていない。単に優秀なGeek達がいろいろなアイデアを出すだろうっていう、誰でも想像できるようなことを長々と述べているだけであって、まるで具体性がない。どういうアイデアならGoogleを殺せるって言うの?

なんつーか、詰めの甘い単なる空想っていうか、思いつき程度の話。一般的には優位性と考えられている、Googleが飛びっきりの技術者を集めている事実が、実は逆に脅威になるっていうことを、「逆転の発想だぁ凄いだろ」って吹聴したいだけでしょ、このRobert X. Cringelyって人。そんなこと、数百万人はとっくの昔に気付いていると思うよ。その可能性は確かにあるとしても、それだけじゃあ全然物足りない。

つーかさあ、こうやってGoogle、Googleって騒いでいるうちは何にも起きないんじゃないのかねえ。ベクトルは逆でも結局モッチーのやってることとあまり変わらない気がする。

It is not ‘must read’. You can ignore.

The wave of the future is not web browser applications. 火曜日, 5月 29 2007 

The wave of the future is not web browser applications. Instead we’re coming full circle back to desktop applications, but this time we’ve broken the old idea of single user silo applications with no connection to the outside world. The wave of the future is lightweight desktop applications with the same massively networked, Web 2.0 behavior we’ve come to expect from browser applications.

Beyond the Browser – O’Reilly Radar

Web 2.0の仕掛人であるO’Reillyの連中なんか、てっきりBrowser Apps万々歳かと思っていたら、そうでもなかった模様。「lightweight desktop applications with the same massively networked」の例として挙げられているのはiTunesとSongbirdであったが、Web 2.0なんて言葉が流行るずっと前からフツーのアプリでネットも利用するものはいくらでもあった訳で、とりわけ区別する必要もない気がするが。

“eBay exit” 火曜日, 5月 22 2007 

“What do Beanie Babies, Pez Dispensers and troubled Internet companies have in common? They’re all for sale on eBay.”

eBay has become known as a quick and easy way to sell your startup, should you need to. Techcrunch has a nice phrase for this – the “eBay exit”. USAToday notes that “more than 10 dot-coms” have recently put themselves up for auction on eBay.

eBay Startup Sales – Going, going, gone…to the geek in the back! – Read/Write Web

KikoがEbayで身売りしたのは半年くらい前だったか? 以来、幾つかのstartupsの株主が同様の手法で資金回収を図っていたことは小耳にはさんでいたが、既に10社以上にもなっていたとは知らなかった。日本ではVBがヤフオクに出品されるような事態はまだまだ想像出来ない。良くも悪くもアメリカの流動性の高さに改めて驚くほかない。尤も、以下のような事例もあった模様。

Indeed USAToday also recounts the tale of CrispAds auction, which unsuccessfully tried to sell on eBay. It had a minimum price of $90,000, but ended up without any bids. According to USAToday, months later the company sold via a broker for “a few hundred thousand dollars”.

eBay Startup Sales – Going, going, gone…to the geek in the back! – Read/Write Web

The Google Menace and Japanese 日曜日, 5月 13 2007 

The groanworthy lead: “For a company that pledged to not be evil, Google makes a lot of enemies.”

The menace of Google – Valleywag

エントリのタイトルだが、せっかく「menace」という単語を使うのであれば、Star Warsに引っ掛けて「The Google Menace」にしておけば?という気もするが、英語表現としては不適切なのであろうか。それはともかく、内容はGoogleの脅威に慄く人たちに関するSan Francisco Chronicleの記事についてである。当の記事はそこそこの量があるが、最後に要約があるのでそこだけ読んでも大意は掴める。

Wary of Internet giant
Google’s long tentacles have many running scared:

Silicon Valley: Concerned that Google’s outsize ambition is squashing startups and raising salaries in the tech industry.
Madison Avenue: Fears that Google is taking over the advertising business and making established ad agencies irrelevant.
Hollywood: Takes umbrage at widespread piracy on Google’s YouTube video service, claiming it violates copyright law.
Privacy advocates: Worry that Google’s collection of personal information will create a massive database that can be mined by government.

WHO’S AFRAID OF GOOGLE? – SFGate.com

要するに、Silicon Valleyでは業界の給与水準を上昇させて他のstartupの成長を阻害し、Madison Avenueから広告の仕事を奪い、Hollywoodでは著作権問題から目の敵とされ、集積した個人情報が政府に悪用される危険が指摘されている、ってな具合の内容で、まとまってはいるが特に目新しい問題はない。いずれの問題も知らなかったとしたら、あなたはアンテナが折れている。

その脅威の元となっている、Googleの現状を綴った簡単なデータも付記されている。

In less than a decade, Google has become a corporate colossus. Here are some examples of its muscle:

12,238 Number of employees.
$10.6 billion Revenue in 2006.
$3.1 billion Profit in 2006.
53.7 percent Share of the U.S. search market.
528 million Global unique users in March.
$143.5 billion Market capitalization.
$461.47 Share price.

Source: Google, Chronicle research

WHO’S AFRAID OF GOOGLE? – SFGate.com

GoogleはSilicon Valleyのstartupの脅威となっているか? 優秀なGeekを高給で搔っ攫っているというのはその通りなのであろう。サービスの面においてもGoogle productsに並んでいる項目と競合する企業は大変であると思われる。しかし、何から何まで自社で開発を行う訳ではなくてstartupを買収することもあり、それがWeb 2.0時代のBusiness Modelとなっているのだから、逆にStartupを支援している面もあるのではないか。

広告業界に与える影響としては53.7%という圧倒的なシェアに加えて、更に他メディアへの進出を図っていることを考えればこれは明らか。著作権問題は法廷闘争によって個別に決着をつけていくことでいずれ結果は見えてくるのであろうが、その一方で根底にあるユーザーの志向については、より深く考えていかなければならないのかもしれない

Privacyは個々のユーザーに直結した問題だ。Googleは時の政権に協力的か? 中国を見れば明らかだ。我々はSeach Engineを利用することによって趣味嗜好を明らかにし、GMailで個人情報を、Financeで資産情報を、Codeでスキルを、Docs & Spreadsheetsで業務内容をGoogleに晒している。

じゃー使わなきゃいいじゃん。Googleでないと絶対に探せない情報なんてどれくらいあるの? 大抵のものは他のSeach Engineでも検索可能ではないのか。GMailなんか止めてPOPに戻せばいいじゃん(でもHDDにデータを残すならキンタマ・ウィルスとかには気をつけよう)。Day Traderたちはもとから取引証券会社のサービスやその他のソフトを使っていたことであろう。Code? 本読めよ。仕事はせっかく導入したんだからOfficeかOpen Officeでしなよ。今のところDocs & Spreadsheetsより強力だろ。

しかし現実にはそういう選択肢はあまり現実味を帯びてこない。Redmondに住む、いつまで経ってもファッション・センスが上がらないあの大金持ちだって昔から散々Evil、Evilとイビられていたが、その割にシェアは大して減らなかった。マスゴミにいる連中の給料が高すぎる? じゃあ新聞もテレビを見るの止めなよ。広告効果がなくなれば連中は失業だぜ。でもみんな見てる。


“This is an emergent business with lots of different choices,” Schmidt said. “End users have choices, advertisers have choices.”

WHO’S AFRAID OF GOOGLE? – SFGate.com

Schmidtの言う通り、それは我々の選択に掛っているのだが、理屈はそうであってもある方向に動き出した社会の趨勢は簡単にはひっくり返らない。Googleが生まれたとき、それはまだ積極的にNetを活用している連中のみに愛用された唯の検索サービスだった。しかし、Overtureのアイデアを採り入れることによって広告収入を大幅に伸ばして上場した時その名は決定的なものとなり、今もその膨大な資金力を背景に次々とサービスを拡大してプレゼンスを高めている。

Googleの脅威はその収益性の高さによるところが大きい。何故あんなに儲かっているのか? Keywordを競りによって釣り上げる仕組みがあるからだ。では広告主は何故そんな高いコストを負担してまでGoogleにすり寄るのか。高い広告効果が見込まれるからだ。何故、効果が高いのか。それはみんながGoogleを利用するからだ。結局のところ、Googleを支えているのは我々ユーザーなのであって、考えて見れば企業という社会的な存在である以上それは当然のことだ。


さて世界の東の果てに、西洋の道具は喜んで採り入れるくせにその精神は頑固に独自のものを堅持し続けるちょっと変わった国がある。この国では未だにYahoo!という前世紀のポータル・サービスが主流であって、そのためかKeywordの値段は米国の1/10であるという。大抵の人はモッチーというチンドン屋が内容も厚さも薄っぺらい本を書くまでGoogleが何をやっているかもよく知らなかったし、興味もなかった。今でもそのような人は多い。

2000年の歴史を誇るこの国の人々は保守的で、高々数百年ほど前に目的地を間違えて漂着した土地の人間を殺しまくって国を作ったばかりのアメリカ人とは違い、何かあると直ぐに新しいものに飛びつくほど腰が軽くない。変化は常にゆっくりと進行していく。システマティックなものが好きではないので、PCも世間の流行に合わせて机の上に置いてはみたものの、大した使い方はしていない。人々はもっと手軽で同胞との接触度が高いものを好み、そのせいか携帯はあっという間に国民の間に普及した。

ネットも価格比較のような実用的なものは使うが、それ以外はさっぱり儲からないので、ITを看板にしていても経営者は他業種の買収や不正会計に血眼となっている。競争が嫌いで仲良く売上をぐるぐると回しっこしたりする。アメリカの真似をして安易な市場を作ってはみたが、あまりにひどいその実態が明らかになるにつれ、刹那的な株価の上がり下がりになけなしの財産をはたいていた連中も今では見向きもしなくなってしまった。

最近ではblogとかいうものも輸入してはみたものの、使い方が分らず「後で読む」とお茶を濁して放置している。これを積極的に活用しているのはチェックするだけで思考が停止しているU35と呼ばれる連中だが、「女らしいからしくないか」だの「飲み会に行くか行かないか」だの「努力するかしないか」だのといった若者特有のイカくさい幼稚な青春の悩みをくねくねとぶつけあうだけで、議論そのものはいつも一向に収斂せず結論が出たためしがないので、彼の国では個人bloggerが大メディアに交じって堂々とWhite Houseに出入りしていることを知っている人たちは皆「ハテナ?」と首を傾げている。

閉鎖的なこの国の人々にとってInternetは広すぎる。小さな島の中で仲良くやっていければそれでいいのであって、海の向こうの国などに関心はない。戦争好きのアメリカ人のやってることなんかにもさして興味はない。アメリカ以外の国なんか、いつもいちゃもんをつけてくる特定の国以外は関心すらない。幕末の英雄たちの活躍により植民地化を免れたため、幸いにもCurryを発明した人たちのように英語を押しつけられることもなく、結果としてSilicon Valleyから電話番や下請けの仕事が入ってきたりしないので鎖国気分で楽園を謳歌している。そもそも日本でシリコン・バレーと言えば豊胸手術をした女性の胸の谷間のことである。


そういった具合だからSNSのような閉じたサービスは大好きだ。身内だけで仲良しごっこが出来るところがいい。頭のおかしい外国人がいきなり「らき☆すたッテナンデスカ?」などと話しかけてくることもない。周囲を海に囲まれた狭い国の中だけで平和的に愛し合ったり殺しあったりしてきた国民性にぴったりである。あまりにも楽しそうなので、(関東では)総合テレビと教育テレビの狭間にいる友達の少ない人たちが嫉妬して乗っ取りを図ろうとしたり、平和的な性質が災いして情報の恐ろしさを忘れた迂闊な人に時おり不幸が舞い降りたりしてはいるものの、全体としてはまだまだ高成長の道を辿っている

この国の人々はわけもなく性善説を絶対視し、全ての人にそれを強要し、そうでない者は徹底的に排除する。外資系企業は須くこの特異な国民性をよく研究すべきであって、それを怠った者は必ず失敗する。他方、排除した者は視界から消え失せるので、一般の目が届きにくい金融市場などではやりたい放題である。

Japanese is not afraid of Google, only doesn’t know it very well.

Joost raised $45m from Sequoia 金曜日, 5月 11 2007 


Sequoia Capital really really believes in online video. The alpha venture capital firm, having scored nearly $500m on its investment in Youtube, is lead investor in Joost’s gigantic new funding round. The streaming service — which offers authorized video in higher quality than Youtube, but way less variety of programming — announced it’s raised $45m from Sequoia and other investors.

Joost ‘selects’ Sequoia – Valleywag

あー、Mike MoritzがGoogleを辞めたのはこういうことだったのか。

You lose 2.5 days a year to slow websites 木曜日, 5月 10 2007 

Slow-loading websites cost Brits 2.5 days of their lives every year, and users take out their web rage on others and their computer kit. That’s according to new research by Tickbox.net for 1&1 Internet which looked into 1,600 internet users’ chief net-related moans.

You lose 2.5 days a year to slow websites – Tech.co.uk via digg

何「へえ」?

Google Shareholders Ask Company to Counter Censorship 火曜日, 5月 1 2007 

The custodian of five major public pension funds in New York City will formally request next month that Google take steps to counteract internet censorship in foreign countries with authoritarian government such as China, Egypt and Iran, according to Google’s proxy statement for its annual meeting of stockholders on May 10.

Google Shareholders Ask Company to Counter Censorship in Foreign Markets – Wired Threat Level via Boing Boing

5月10日に開催されるGoogleの株主総会において、5つの年金ファンドの「代表」(custodian)が海外における検閲について正規に質問を行うとのこと。この問題については既に創業者が後悔してるみたいなことを言っていたが、さぁ今度はどう答えるのか。

Via SlashDot: Google Shareholder Proposal on Censorship

We7 火曜日, 5月 1 2007 

Peter Gabriel is one of the founding investors of a new music download service that offers tracks for free to users who are willing to listen to ads. The service, called We7 for some reason, offers MP3 versions of tracks with advertising attached to the beginning of songs. Four weeks after downloading the track, the user can then download a version without the ad. Artists get paid by the advertisers, music lovers get free tunes, and advertisers get to reach music lovers.

Peter Gabriel shakes the tree, ad-supported MP3s fall out – ars Technica

むむ。Peter Gabrielは最近こんなことをしていたのか。全然知らなかった。

携帯マーケット 金曜日, 4月 27 2007 

それは、いま親がパソコンを所有している十代前半=小学生・中学生の層は、意外にもケータイでネットをする習慣がついておらず、親のパソコンでネットをしているらしいのだ。今のケータイメイン層=十代後半は、親がまだギリギリ学校でパソコンを本格的に習わなかった世代で、パソコンが家に無かったり、有効な使い方を知らない・教わる機会が無いという理由からケータイに流れたのだが、そういった今のメイン層のあとには、パソコンが日常的な存在になった時代の子供達が控えているのである。つまり急激にマーケットが縮小する危険性があるのだ。

ウェブ業界の幻想を引き受けるケータイ市場 – BET via Hatena Bookmark News

だからといってその子らが携帯を使わないかというとそんなこともないような気もするのだが、自分にはちょっとなかった視点なので新鮮だった。
それにしても携帯は怖いw

ヤフーは生きてるし… 水曜日, 4月 11 2007 

Yahoo!は、Geeksを顧みていないのだ。

「『バーター配信』という伝統芸能」 金曜日, 4月 6 2007 

ネット広告業界には「バーター配信」という伝統芸能があります。
つまり
 A社がB社へ、100万円の広告配信を発注する
 B社はA社へ、100万円の広告配信を発注する
※ 場合によっては、売上計上基準を満たすために、間に代理店を噛ます

増収減益を作る方法・ネット広告業界編 – 五反田ではたらけ!五反田社長の日記

相変わらず、ヤバげなことをさらっと書く社長さんだな~。これでは「架空売上」「仲介取引」「ネクストウェア」「メディアリンクス」「アソシエント・テクノロジー」「NECエンジニアリング」などといった名詞が次々と頭に浮かんでしまうではないか。しかも、自分のところがそれをやっていると受け取れなくもない微妙な書き方。

上記のケースは、「お互いの売上成績を膨らませるために実態の伴わない取引を行う『名板貸し』」に該当するのだろうか? 要するに、2軒の八百屋が100万円分の林檎を互いに買いあって売上を立てたようなものであろう。勿論、利益は出ず、林檎は棚卸資産として残るが、広告であれば既存のルートで配信してしまえば済むのでお手軽である。結果的にその広告のお陰で実需が発生する可能性すらある。しかし、本当に必要であったのなら、このような取引に依ることなく、普通に配信していたであろうから、やはり不正・粉飾の疑いは拭い切れない。ビット・バレーの経営者連中がディスコに集ってお友達作りに勤しむのは、技術交流や提携なんかよりも、こういうメリットがあるからであろう。全く「仲良きことは美しき哉」としか言いようがない。

企業会計基準委員会の実務対応報告第17号「ソフトウェア取引の収益の会計処理に関する実務上の取扱い」によれば、ソフトウェア取引の収益認識は(1)取引が実在し、(2)一定の機能を有する成果物の提供が完了し、(3)その見返りとしての対価が成立した時点であるそうだが、今回の場合、そもそも(1)自体が怪しい。取引が実在したのは間違いないであろうが、実需からかけ離れて意図的に捻出された売上に係る取引を「実在した」と認識していいものかどうかは大いに微妙だ。だから、「もっとも最近は、監査が厳しいらしく この手の伝統芸能はどこの業界でも難しいようですが。」と書いてあるのであろう。

一回コレやると、次の期もやるんですよねー・・・
※というか、やらないと回らない体になってしまう。

増収減益を作る方法・ネット広告業界編 – 五反田ではたらけ!五反田社長の日記

これが一番の問題だ、みたいな書き方だが、株主(上場しているのならプラス投資家)を騙していることのほうが極悪。

If ancient Rome had the Internet… 木曜日, 4月 5 2007 

塩野七生大先生のご感想を聞きたい….ウソw

  • The destruction of Pompeii in 79AD is the most viewed video at YouTube. The first comment is…”OMG so cool! Volcanos ROCK!”
  • Attila the Hun has his own MySpace page. Nobody ever rejects his “invite a friend” emails.
  • But at least Caesar’s “Et tu Brute?” comment is available as a free ringtone download.
  • The domain gladiator.rome sells for the record sum of 1,000,000 denarii.
  • “Naked Cleopatra” is the top search term on Google.
  • If ancient Rome had the Internet… – EMail Marketing Reports via Neatorama

“Naked Cleopatra”は絶対にググる!! wwwwww

Vidmeter’s Report 水曜日, 4月 4 2007 

After the Viacom lawsuit, I scanned Vidmeter’s “Top Videos” in an attempt to see whether Viacom (and other big media) videos constituted a large percentage of online video views. This review suggested that they did not–and, therefore, that Google/YouTube had a lot more leverage in the YouTube-Big Media negotiations than was commonly thought. Vidmeter’s analysis (which is based on a sample rather than the whole site) goes far beyond my initial scan, but the conclusions are the same:

Vidmeter: Viacom Videos Were Only 2% of YouTube Views – Internet Outsider via Techmeme

このInternet Outsiderの中の人はViacomがGooTubeを訴えてから、それらBig MediaによるコンテンツはYouTubeの中でどの程度の割合を占めているものなのかを独自に調べていたのだけど、そうこうするうちにVidmeter自身がReportを出して、結論は結局同じであったとの事。その中身は上のblogやVidmeterのReport(pdf)を読んでもらえば分かるのだけど、面倒なのでデータ部分は割愛して要点を抜き出すと、以下の部分となる。

6.1. Summary of Data
From the research performed, we have concluded that unauthorized copyright videos make up a relatively small portion of YouTube’s most popular videos and an even smaller portion of views to YouTube’s most popular videos. While the study did find a fair number of blatantly pirated full-length clips from television shows and movies, the bulk of views to removed videos consisted of music videos and short clips from comedy sketches and unique sporting events.

6. Observations and Conclusions – Analysis of Copyrighted Videos on YouTube.com

サンプルは無作為に選ばれたものではなく、Most Viewedから抽出された点が重要。

This Store is surely Web 2.0 ! 火曜日, 4月 3 2007 

Supermarket 2.0 – glumbert.com via Scobleizer

演出も演技もチトわざとらし過ぎるが、それでも面白いw

The timewasters I see on Twitter that I must share with you. Here’s the latest: Web 2.0 Grocery. Waste everyone’s time! That’s my goal. But it is funny.

Timewasting video of the day: Supermarket 2.0 – Scobleizer

Supermarket 2.0 is a hilarious Israeli video about a Web 2.0-compliant supermarket. It’s five minutes of kick-ass geek-humor injokes — eggs with RSS feeds, Golden del.icio.us apples, and everything’s free, cuz it’s the Internet! This is damned funny stuff.

Supermarket 2.0 – video about a user-created supermarket – Boing Boing

This Supermarket 2.0 parody video is really cute. It creatively applies Web 2.0 terms and concepts to the food shopping experience. The Pandora-style shopping experience mid-way through is especially excellent.

Supermarket 2.0 Video – O’reilly Radar

Google responded to Viacom 火曜日, 4月 3 2007 

“Viacom seems unable to determine what constitutes infringing content, [yet] its lawyers believe that we should have the responsibility and ability to do it for them.” If even Viacom is unable to police its own content correctly, how can they claim that it’s no problem for Google?

Google: If Viacom Can’t Figure Out Which Videos Are Infringing, How Can They Expect Us To Do So For Them? – Techdirt

はは、そりゃそうだwwwww

RIAA Lawsuit Decision Matrix 金曜日, 3月 30 2007 

RIAA Lawsuit Decision Matrix

BBspot has obtained secret documents which RIAA lawyers use to determine whether to file a lawsuit against a copyright violator. These documents give insight into the RIAA’s decision-making process, and could help people avoid lawsuits in the future. We offer these documents as a public service.

RIAA Lawsuit Decision Matrix – BBspot via Boing Boing

笑ったのは、Strong Evidence? No -> Sue, but use the dumb lawyers <- Is defendant elderly, disabled, or poor? Yes ってところw 証拠があやふやでも、とにかく訴えるんだw でもそれなら尚更やり手の弁護士を使ったほうが勝てる確率が上がるんじゃないの? また年寄りや身障者や貧乏人相手のときも、優秀な弁護士の方が「取り扱い」が上手いんじゃないかと思うんだがw

次ページへ »