they aren’t companies, they are functions 水曜日, 1月 17 2007 

Too many people are out there working on idiot ideas. Many of the ideas out there aren’t that great; they aren’t companies, they are functions; and some of them aren’t even that!

’Too many people working on idiot ideas’ – Valleywag

function – 機能に過ぎないというのはうまい言い方w 実際、思い付きをそのまま会社にしてしまったのではないかとさえ思えるようなものもあるものなぁ。IPOではなく大手に買収される方向にあるのも納得できる。バブル疑惑が一向に消えないのもこの辺りに一因があると思われる。

広告

「属す」ってどこに? 水曜日, 1月 10 2007 

(これは小飼弾の読み方の続きではない。ITProでは文体が違う)

しかし、その智慧を力に代えようとする時、ほとんどの場合において我々は群れる必要があるのです。智慧だけでは生きて行けぬ以上、我々は「ヒト」ではなく「人間」として行動しなければならない。いつまで一人で考え、そしていつ群れとなって行動するのか。一般論としては、人類永遠の課題でしょう。

404 Title Not Found – ITPro

人間の性をこんなにも平易にわかりやすく書いてしまうなんて。

しかし、Webに再び目を向けてみれば、「群れないまま属す」というかつては不可能に近いほど難しかった状況がいとも簡単に実現されています。Webが成し遂げた最大の成果が、この「群れないまま属す」という状態を可能にしたことだと私は考えています。

404 Title Not Found – ITPro

ここは分かんなかった。「属す」ってどこに属すんだろ。 はてなに日記書いたら「はてなユーザー」という括りに? blogosphere? それとも人類すべてにだろうか。

確かに既存メディアよりは遥かにお手軽に声は発せられるが、その声はまだ「あちら側」とやらに留まっているし、声の数がやたらに多いという問題もある。誰かが「叡智」を発したとしても、それを正しく受け取り更に発展させていく事の出来る「叡智」の数は限られているような気もする。新しいメディアによる啓蒙によって、その数も少しずつ増えていくのかも知れないが、逆に、悪貨は良貨を駆逐するではないが、邪悪な声が広がりやすいとも言える。

「群れないまま属」しただけで、現実にパワーに変換できるものなのか、オレにはまだその道筋がよく見えない。

Spend money to marketing 月曜日, 1月 8 2007 

先に取り上げたMichael Arringtonの記事に対するFractals of Changeの見解。Michaelの論拠のひとつに、Web1.0時代に比してWeb2.0企業が必要とする(=VCが出す)資金が遥かに少ないことがあげられていたが、開発に関してはそうであっても、それだけでは足りない、という話。

I’m a nerd; I’d love to believe that building a better mousetrap is all that’s required. This was somewhat true for the last couple of years; nerd nirvana. But now the lesson that marketing Mary, my wife, is always drumming into my head is coming true again: you gotta market. And marketing cost money.

There will be plenty of Web 2.0 successes to come. But I’ll bet most of the ones that do succeed will have raised enough money in their first year to rocket themselves out of the clutter. That probably means a few million dollars plus a very, very good plan to spend it.

Web 2.0 – Greater Initial Investments Required – Fractals of Change

要するに、資金が少なくて済むということは参入障壁が低いということであって、それは多数の競合者(me too company)を生むから、差別化の為、マーケティングにもっとカネを使う必要がある、ということ。

当ったり前と言えば当たり前のことであって、少なくともカネを出す方(=VC)は最初から分かっている筈だが、わざわざエントリとしてあげなければならないということは実際にそれを実行している人が少ないということであって、やはり技術者はCだのPerlだのには詳しくても経営はダメなのね(当然だが)。

しかしまぁ、こういう議論が出てくるだけマシであって、翻って我が国の、「ロングテール」だの「集団知」だのといった呪文を繰り返し唱えていれば、なんとなく明るい未来が開けるような気になっている連中を見るにつけ、あーあ、という気にさせられてしまうのもまた事実。

I think he’s a decent man. 月曜日, 1月 8 2007 

But this doesn’t mean we’re in a bubble. In fact, I think the exact opposite. I think a few failures are direct evidence that we are not in a bubble and that the private venture markets are actually in the process of letting off a little steam to keep things rational.

Bubble, Bubble, Bubble – TechCrunch

先週3つのWeb 2.0企業が潰れた事に対するMichael Arringtonのコメント。本当にバブルなら潰れてないだろって訳。うん、そりゃそうだ。その後、彼は20世紀末のネットバブルから今日に至るまでの経緯を総括する。

As these companies fail, the markets take note. This lets off steam and settles things down. Venture capitalists are less frothy. Fewer investments are made. Valuations go down. Things equalize.

Bubble, Bubble, Bubble – TechCrunch

彼がConferenceを開いてカネ集めしたことなんかについてValleywagがしつこく非難しているが、今のところオレはMichael Arringtonって、かなりまともな奴だと思っている。彼は自分が投資している企業について触れるときにはそれを注記しているし、紹介した企業が提供するサービスに何がある時にはビシバシそれを指摘するところから見ても、バランス感覚をもってTechCrunchを運営していると思う。

少なくとも彼は、あやふやな全体像をチンケなフレーズに括って薔薇色の未来を語るどこかのインチキ・コンサルみたいな真似はしていない。

So every time a startup dies, I don’t think it’s evidence of a bubble about to burst. I think it’s evidence of a market that is working exactly as it should. Most companies fail, but enough win to keep the whole ecosystem healthy.

Bubble, Bubble, Bubble – TechCrunch

まー、これを予防線を張ってるだけと見る奴もいるんだろうがね。

[ 追記 ]

VentureBeatが殆ど同じコト書いてる…..。

またお勉強 土曜日, 1月 6 2007 

べにぢょのらぶこーる – mixiコミュ乗っ取り事件を3行で説明するよ!

煩悩是道場 – mixiコミュ乗っ取り事件は三行で説明出来ないNEW!

いやー、はてブの並びがこうなってたんで、てっきり「煩悩是道場」さんが「こんな大事件とても3行じゃ伝えられねぇよ」と匙を投げたところにべにぢょさんが颯爽と、「それなら私がやるよ!」って現れたのかと思っちゃったwwww

べにぢょさんの文章は相変わらず「小気味良く」て分かりやすいわぁ。絵文録ことのは見て、なんか起こってたことは知っていたけど、詳し過ぎて全部はとても読む気になれず放ったらかしにしてたものが、これで全体像が掴めました。

無差別爆撃する運営側のやり方には疑問を感じるなぁ。他のコミュニティでそんなことやったらアウトでしょう? 何故mixiユーザーさん達は出て行かないのかな。簡単には移れないだけのものが出来上がってるんでしょうねぇ。どんな「口車」なのか知らないけど、管理人ってそんなに簡単に管理権を譲渡してしまうんですか。大昔のNiftyじゃ管理業で食えたくらいの特権があったらしい(よくは知らない)ことを思うと、とても想像できません。再度「コミュ」とやらを立ち上げて旧会員が一斉に移動すればいいんじゃないの? 管理人も今度はよく気をつけるだろうし。つーか、次々と「乗っ取り」を成功させられる2chの人達のSocial engineering能力も大したもんですね。

傍目にまとめちゃうと、リアルで幸せだった奴が流行に乗って無防備にネットに入り込んできたんで、リアルで冴えずネットに逃げ込んでた連中が、リアルはアウェイだがここなら俺達のホームだぜと「復讐」している感じ?

これまた大昔には、コンピュータなんて大型計算機っていう無機質なイメージしかなかったけど、個々人が使い始めてネットで繋がったら、結局どろどろの人間関係が繰り広げられるのね。これは当たり前の話であって、未来永劫変わらないんじゃないのかな。

またお勉強させていただきました!

実名社会 土曜日, 1月 6 2007 

Most people use LinkedIn to “get to someone” in order to make a sale, form a partnership, or get a job.

  • The average number of LinkedIn connections for people who work at Google is forty-seven.
  • The average number for Harvard Business School grads is fifty-eight, so you could skip the MBA, work at Google, and probably get most of the connections you need. Later, you can hire Harvard MBAs to prepare your income taxes.
  • People with more than twenty connections are thirty-four times more likely to be approached with a job opportunity than people with less than five.
  • All 500 of the Fortune 500 are represented in LinkedIn. In fact, 499 of them are represented by director-level and above employees.

Ten Ways to Use LinkedIn – How to Change the World

日本じゃ匿名の是非が問われたりしているが、向こうじゃもう実名がDefaultで、しかもネットが実生活にリンクしとる。

「Web2.0とか言っているのは主に日本人だけ」 木曜日, 1月 4 2007 

こ、これは….!!

image

http://www.google.com/trends?q=Web2.0&date=all&geo=all&ctab=0&sa=N

スペースが抜けてる。

Reddit

おお。

image

http://www.google.com/trends?q=Web+2.0&ctab=0&geo=all&date=all

なんとなくほっとしたw

TOYOTA’s SNS 木曜日, 1月 4 2007 

Toyota’s redesigned Web site for hybrid vehicle owners, launched Tuesday, lets owners create profiles of themselves that can include their age group, vehicle color, and reasons why they drive a hybrid. Profiles can be searched and viewed in a variety of ways.

Toyota Adds MySpace-Like Features To Hybrid Owners’ Web Site – Yahoo! NEWS via Techmeme

天下のトヨタもSNSやるんだとさ。でも始まる前から辛口批評が…。

There’s almost certainly a MySpace hybrid car group as well. The mistake in Toyota’s thinking is that the only way to profit from social networking is to set up a site.

[Comment]

What a stupid idea and complete waste of money. How about making your cars better. This site is going to go nowhere.

So, Who Isn’t Doing A MySpace Clone? – Techdirt

The Best Web 2.0 Software of 2006 火曜日, 1月 2 2007 

Looking back over 2006 it’s clear that we’ve experienced one of the most remarkable growth surges in Web application history.

Category: Social Network

Category: Start Pages

Category: Social Bookmarking

Category: Peer Production News

Category: Social Media Sharing

Category: Online Storage

Category: Office 2.0 Suite

Category: Honorable Mentions

The Best Web 2.0 Software of 2006 – Dion Hinchcliffe’s Web 2.0 Blog

懐かしい!! 2005年末は未だ次々と登場するサービスにわくわくしていたものだ(今はもうすっかり飽きた)。

Friendsterを完全に抜き去り、ユーザー数は1億人を突破したMySpaceが真っ先に取り上げられているのは当然か。一時期Predatorから子供たちを守ろうという動きも出たが、今では落ち着いたようにも見える。

NetVibesは素晴らしい。無愛想なRSS Readerなど、これがあれば全く不要だ。最近、日本語にも対応したから一度使ってみるといい。

SBMの分野ではdel.icio.usを差し置いてStumbleuponが選ばれている。その理由は以下に述べられている。

One indicator I use for the popularity of a social bookmarking site is how much inbound traffic I get from it, and I’ve seen a clear switch during the year from del.icio.us bookmarks to StumbleUpon referrers. StumbleUpon reports that it has over 1.7 million registered users and growing. Bottom Line: Del.icio.us is still my favorite bookmarking service, but for true content discovery, StumbleUpon now makes it much easier to find new content than del.icio.us does. StumbleUpon is a winner by a nose for taking content discovery to the next step.

The Best Web 2.0 Software of 2006 – Dion Hinchcliffe’s Web 2.0 Blog

意外だったのは、「Peer Production News」なんて聞きなれない文句とNetscapeが選ばれていたことだ。カネでユーザーを引っ張ろうとしたcalacanisはAOLを去ってしまったし、diggよりpopularであるとも思えない。「In contrast, Netscape consistently delivers news on its front page that is genuinely newsworthy and geared towards a broad audience, combined with a mature community that frequently engages in genuine civil discourse in the comments.」などと言っているが、「 mature community」とは一体何を指しているのか。

ここで昨年のリストを振り返ろう。

Category: Social Bookmarking

Category: Web 2.0 Start Pages

Best Offering: Netvibes

Category: Online To Do Lists

Category: Peer Production News

Category: Image Storage and Sharing

Category: 3rd Party Online File Storage

Category: Blog Filters

Category: Grassroots Use of Web 2.0

Category: Web-Based Word Processing

Category: Online Calendars

Category: Project Management & Team Collaboration

The Best Web 2.0 Software of 2005 – Dion Hinchcliffe’s Web 2.0 Blog

カタゴリー自体が2006年とは異なっているところがdog year(死語?)といわれたネットの特徴か。

del.icio.usやflickrが上がっているのは今となってはdefault過ぎる印象。Memeorandum.comは現在のTechmemeである。writelyやYoutubeはGoogleに買収されてしまった。

エロ・シェア!! 火曜日, 1月 2 2007 

Eroshare is to Flickr what PornoTube is to YouTube – user generated porn. The site, which launched an hour ago, encourages users to upload their home made erotic photos, and there is already a bunch of content on the site. EroShare gives 2 GB of free storage with every account and has all the standard photo site bells and whistles – friends, tagging, albums, etc. Eroshare is based – where else – in the Netherlands, and has not yet raised any funding.

EroShare – User Generated Porn – TechCrunch

ぎゃははは!! 名前が秀逸過ぎて…。

これはオトコがオンナの写真を載せるのであろうか、それともオンナが私を見て~ってアップするのであろうか。まーオトコがオトコの写真を上げるとか、いろいろあるんだろうが。

顔もばっちり移ってしまっているが、ざっと見たところ、porntubeよりは大分マイルドであるようなので、今のところ大した問題はないのかも知れんが、そのうち無許可の写真や盗撮なんかのトラブルが発生したりしてくるのではないだろうか。

「Eroshare is based – where else – in the Netherlands」という記述が面白いw

Is it unethical or just a joke? 日曜日, 12月 31 2006 

One of the Wired predictions for 2007 caught my eye: “Digg Becomes the New Friendster…Digg holds out for a big payday but ends up like Friendster (i.e., no friends).” It caught my eye because Wired owns Digg competitor Reddit. Now that they are in the startup game, they need to be aware of those pesky conflicts of interest.

Is It Right For Wired To Predict The Fall Of Digg? – CrunchNotes

DiggがFriendster可する、すなわち競合他社にトップの座を奪われるとWiredが予想したらしい。問題視されているのは、その予想そのものではなく、WiredがDiggの競合であるRedditのオーナーであることからくる倫理的側面である。寄せられたコメントを見ると、その通り倫理的に問題があるとしている人もいれば、ただのジョークだとする人もいる。

それでは、Wiredによるpredictions for 2007はどんなものなのか。

  • Google Stock Hits $1,000 per Share
  • Internet Traffic Doubles …
  • BitTorrent on TiVo
  • Spam Doubles
  • Second Life Ends a Life
  • Year o’ the Laptop
  • Print to Web
  • Semel Says ‘Sayonara’
  • Apple Goes Apple
  • HD-DVD Wins
  • Implantable Contact Lenses
  • Digg Becomes the New Friendster
  • No More Dads
  • PaedoSpace
  • Life on Mars
  • Greenland Becomes Green
  • Raelians Need Not Apply
  • First AT&T, Then Google
  • Google Goes G-Man
  • Don’t Don’t Be Evil
  • DNA Database for Athletes
  • Online Sitcom Picked Up by Network
  • They’re Watching You
  • NYT Goes Free
  • MySpace Spaces Out

Wild Predictions for a Wired 2007 – Wired

「Googleの株価が1,000ドルになる」とか「Second Lifeが終わってしまう」とか「グリーンランドの氷が全部溶けてしまう」とか、大胆と言うよりは悪乗り気味と言ったほうがよく、タイトルの始めに「Wild」と書いてある通り、どうみてもこれはjokeの類とみて良いだろう。

しかしだからと言って、いや、だからこそ余計に倫理的に問題があるような気がする。

Another vanished web2.0 Company 日曜日, 12月 31 2006 

Remember Israeli startup RawSugar, one of scores of social bookmarking services? This week it emerged that the site is throwing in the towel – losing all its employees and attempting to sell the company or part of its assets.

RawSugar Crashes, Sells Assets – Mashable!

またひとつWeb2.0企業が潰れた。サービスがSBMではURLを記録しているだけだろうから、kikoのときのようにeBayに出品したりするのは難しいように思える(search engineも持っていたようだが)。

これをもってWeb2.0がバブルか否かまで判断することは出来ないが、多くの企業が只でサービスを提供している以上、十分な数のユーザーを確保することが出来なければ、いずれCash-Outしてしまうのは必然。市場にはme-tooタイプのスタートアップが溢れており、差別化が非常に重要であることを改めて思い知らされる。

RSS Won’t Go Mainstream 土曜日, 12月 30 2006 

以前にも書いたけど、RSSに対する期待度はどんどん下がっている模様。

2. RSS Won’t Go Mainstream (But Widgets Will Explode):

In some respects, however, feeds will go mainstream. They’ll just be hidden behind the scenes. Mainstream adoption of RSS readers won’t be a huge trend, but the delivery of constantly updated content, particularly via embeddable widgets, will become massive. (中略) But while text content will be consumed on startpages like Netvibes, PageFlakes, Protopage and Webwag, the most popular widgets will inevitably be related to photos and video.

Mashable’s 2007 Predictions – Mashable!

Mashable! による2007年の予測の2番目に取り上げられている話題。RSSがメジャーになることはないが、代わりにWidgetが隆盛すると予想されている。テキストはpersonalized homepageに食われ、Widgetは主として写真や映像を取り込む方向に進むであろう、と。

オレもRSS Readerなんかじゃなくてpersonalized homepage派だから、なんとなく分かるような気はするねぇ。Widgetについてはよく知らないけど、Netvibesなんかは既にYouTubeを検索して見ることが出来るようになってるよなぁ……。

「素早く漁れ!」 日曜日, 12月 24 2006 

Wikipedia founder Jimmy Wales is set to launch a search engine early next year in partnership with Amazon – it’s intended to be a rival to Google and Yahoo. The Wikiasari project may launch as early as Q1 of 2007, using the same user-generated system as Wikipedia. It will be a for-profit project launched by Jimmy’s company Wikia. “Wiki” as Wales has told just about every interviewer for the past 5 years, means “quick” in Hawaiian – “asari”, meanwhile, means “rummaging search” in Japanese.
Wikiasari – Wikipedia Founder Launching a Google Rival – Mashable

「素早く漁れ!」とはなんとも….。
言葉というものは意味だけ分かっていてもダメで、それが使われる状況とかまで理解していないとまずいんだな、と改めて痛感。

Like many people, my first impression of Jimbo’s new idea was that it has a really dumb name: Wikiasari, a Hawaiian-Japanese hybrid that is likely to irritate people from many different cultures. And my second impression was that Jimmy has a bit of a mountain to climb with his “social search” proposal. As Pete Cashmore at Mashable notes, this kind of thing has been tried before, and more or less, well… failed.
Good luck with the Google-killing, Jimbo – mathewingram.com/work

TechCrunchには早くもScreenshotが載っている。


A source tells us that the working name for the project was “WikiSearch” until recently. It’s clear that Wikiasari will be focused on quality first, depth second. Search results will include tag based navigation, the top three results will be wikipedia content, and the remaining results are determined by sites wikipedia considers to be “reputable” because they are external reference links from wikipedia pages.
Wikia to Launch Search Engine: Exclusive Screenshot – TechCrunch

“Google is very good at many types of search, but in many instances it produces nothing but spam and useless crap. Try searching for the term ‘Tampa hotels’, for example, and you will not get any useful results,” he said.
Spammers and commercial ventures are also learning how to manipulate Google’s computer-based search, he added.
Founder of Wikipedia plans search engine to rival Google – Times Online

GoogleOSについて 金曜日, 12月 22 2006 

An Emperor shall be born near Italy Mountain View.
From a soldier simple search engine he will rise to the empire,
A great troop shall come through Russia Redmond.
Great swarms of bees ads shall arise all around the Internet.
The destroyer shall ruin a city an operating system.
The exhausted defeated ones will die in the white closed source territory.
GoogleOS II: Starring Linus Torvalds – Read/Write Web

ノストラダムスのパロディつまらねえっwww


Linusっていつの間にかこんなにデブっちまってたんだ!! てっきり岡田斗司夫かと思ったぜwww


1. It could be a WebOS (a.k.a. virtual desktop), like YouOS
2. It could be a full-featured Linux distribution, like Ubuntu
3. It could be a (optionally BIOS based) portable mini Linux distro, with the sole purpose of establishing an internet connection and then firing up Firefox as default browser.

However our conclusion is that the most feasible one is the 3rd scenario – a mini Linux distro
GoogleOS II: Starring Linus Torvalds – Read/Write Web

Read/Write Webの予想によればGoogleOSは「mini Linux distro」という形になるそうだ。目的,戦略,命名…と続く考察はそれぞれ興味深く,読んでいて大変楽しいのだが、他のOSとの差異については曖昧なままなので,それを導入しなければならない動機がはっきりせず,「Web2.0」ファンのための自己満足に終わってしまっているところが惜しい。

Read/Write Webの読者は、たぶん日頃からネットの動向に深い関心を持っており、その中には高い技術を既に身につけている人も多いことだろう。そのような人達はGoogleがどんなOSを出そうとも直ぐにそのコンセプトを解明・理解して導入することが可能であると思われる。

しかし、その辺にいるOLのお姉さんみたいな、業務ではPCを使うけど単にそれはお仕事の道具だからであって、プライベートではYahooと楽天くらいしか見ない人達にとってはどうであろう?

「新しいOS? なんか難しそう。ってゆうか、なんでそんなものわざわざ入れなきゃいけないの?
それで何ができるの? Webが見れる? 今でもできるじゃない。
無料? その気になればVistaを買うくらいのお金はあるわよ。どうせ新しいPC買えば付いてるんだし。」

Webをベースにいろいろなことができるって言ったって、ブラウザがある以上、それがOSを入れ替える理由にはならない。第一、フツーの人々はOSを自分で入れるなんてオタクっぽいことは決してしない。選択することすらない。この間までオレは半年にいっぺんくらいの頻度でWindowsを入れ直したりしていた。いろいろなソフトを試しては消したりしてレジストリにゴミが溜まってたから、たまにHDDをフォーマットするとその直後は動作がキビキビして気持ちがいいんだよね。後はLinuxを入れてダブルブートしてみたりとかね。でも流石に最近は面倒くさくてあまりそんなことはやらなくなった。

お姉さん方にとってはOSを入れ替えるなんて、テレビの調子がおかしくなったからといって分解してまた組み立てるにも等しい、そもそも出来もしないし興味もわかない、自分たちとは関係のない遠い世界の誰か(電気屋さんとか)のやることだ。それをまだ壊れてもいないのに自分でやる? まさか! そんなことは近くの男にちょっと甘えた声で頼めばいいのだ。気のあるオトコであれば新密度を増すチャンスなので尚のことよろしい。キモオタは危険そうだから除外ね。

ユーザーに入れさせることが困難であるならPCにバンドルしておくのが手だが、店頭に置いてみたところで、恐らくそんな「ヘンな」パソコンは見事にスルーされるであろう。そもそも置いてもらえるかどうかすら怪しい。Linux入ってるPCなんて近くのヤマダ電機に何台飾られているだろうか?

いまGoogleOSが発表されてもGeekとNerdのおもちゃで終わる可能性が激しく高い。彼らの間では話題沸騰となるに違いないが、一般レベルでは無視されるかもしれない。せいぜい梅田本がまた出るくらい。少なくとも普及には長い時間を要するだろう。Microsoftの業界での地位は低下するかもしれないが、売り上げが直ぐに急降下したりすることはなく、ビジネスとして大した影響はないかも知れない。

There is no doubt that operating systems have become little more than a commodity in today’s world. The most popular server operating systems Linux and FreeBSD are free and open source.
GoogleOS II: Starring Linus Torvalds – Read/Write Web

OSの無料化は戦略としては正しいのだろうが、単なるMicrosoft潰しを目的としたダンピングにしか見えない。そういう声が上がらないのは、昔からネット上のサービスが無料で提供されていることが珍しくないことや、あるいはOpen Sourceが市民権を得ていることとかによるものだろう。ゲイツ君にしてみれば、かつてOSにIEをくっつけただけで国から文句を言われた以上、今度は自分がGoogleを訴えてやる、といった気持ちにもなるに違いない。Ballmerはまた踊りながら何かを吼えるのであろう。

So really, operating systems have become no more than a middleman for the Internet. You use an OS only to access the Internet, which then takes over as the platform to socialize with people and create/consume data.
GoogleOS II: Starring Linus Torvalds – Read/Write Web

何を視野の狭い自分勝手なこと言っているんだか。Web上にあるものだけがネットの世界ではない。

「でさぁ、ネトゲの続きやりたいんだけど、そのOSで出来るの?」

こう言われたときにはどうするのか。MMORPGなど多くのゲームはWindowsベースで作られており、Linuxまで対象に入れた「粋な」ゲームなどid software製のものとかしかなく、極めて数が少ない。

また、筆まめナントカとかの年賀状ソフトを使うときはどうするのだろう。年末年始にしか使う機会がないとはいえ、お姉さん方のPC使用動機の中では極めて大きな比重を占めるもののひとつに違いない。この辺りの現実を、Geekは実に忘れがちだ。Googleはこんなものまでいちいち用意してヒトの商売を邪魔するのであろうか。

Webベースで何でもかんでも出来るわけじゃないんだから勘弁してやれって?
だからこそデスクトップOSがあるんだろーがっ。
OSがあるからこそ様々なApplication softが開発されたわけで、Read/Write Webはそれを無理やりWebに限定しようとしているように見える。

ある製商品の普及に当たって、その哲学や技術的特性その他の小難しい要素が消費者に対してアピールする度合いは驚くほど小さい。

「There is no doubt that operating systems have become little more than a commodity in today’s world. The most popular server operating systems Linux and FreeBSD are free and open source…..」

「キモッ。GO AWAY!」
vlcsnap-17568.jpg

「Why not try something new?」
vlcsnap-19356.jpg

「Come to my room to install it, please.」

 

……なんでまたこれほど執拗に女性ウケするかを躍起になって検証しているのかとそろそろ疑問に感じ始めている方もおられるであろうが、その理由はRead/Write Webのエントリに書かれているとおり「commodity 」(日用品)だそうだからである。エントリの内容があまりにも面白かったので、逆にネット好きとフツーの人々との差異を多少誇張してみただけだ。「お姉さん方」は例に過ぎず,すべての女性がこんなふうだと決め付けているわけではない。女性のGeekだっている。

Read/Write Webのエントリが論じる戦略はGeekに対しては説得力を持つだろうが、ネットの動向に興味のない人にまで新しいOSを普及させるための壁はなかなか高いように思える。

いきなりハナシを広げ過ぎだ、最初はGeekの支持を得ることが大切、といった反論もあろう。
果たしてそうなのであろうか。Googleはそこまでは目論んでいないのであろうか。取り敢えずは世界のオタク層のみが対象なのであろうか。

仮にそんな小さい話であるなら、GoogleOSなんてどぉーでもいいやw

JASRAC強し? 水曜日, 12月 20 2006 


You might remember that YouTube had a deadline of last Friday to respond to the demands of The Japan Society for Rights of Authors, Composers and Publishers (JASRAC). The group, which consists of 23 powerful Japanese media associations, listed a string of concerns in a letter sent to YouTube on December 5th.
YouTube Concedes To Japanese Demands – Mashable!

すっかり忘れてた。つーか、知らなかったw

According to reports out today, founders Chad Hurley and Steve Chen replied to the letter and agreed to post a copyright notice on YouTube in Japanese as well as English – this will only be shown to Japanese users. They also said they’d consider flying out to Japan to discuss the issue (translation: please don’t sue us!). However, some sources suggest that JASRAC just sent a second letter to complain about more copyrighted clips, so the issue isn’t over yet.
YouTube Concedes To Japanese Demands – Mashable!

JASRACが日本語の警告表示を要求していて、Chad Hurley とSteve ChenはOK出していると。Mashable!の「意訳」では随分とYoutube側の腰が引けているようだがw

この場合、新しいプラットフォームは透明なE2E型になってリスクをプールせず、クリエイターがリスクもリターンも取ることになろう。 Google/YouTubeのようなプラットフォームでビデオが流通するようになれば、日本のコンテンツ産業の構造も変わり、クリエイターに利益が還元されるようになる可能性がある。これに対して著作権の保護を口実にしてIP放送を妨害し、P2Pを犯罪に仕立てようとする仲介業者は、クリエイターの利益を守ると称して、仲介のボトルネック独占を守っているのである。コンテンツ産業を活性化するために必要なのは、著作権(という名の既得権)をこれ以上強化することではなく、競争政策を厳格に運用してこうした古い仲介業者を解体することだろう。
クリエイターに必要なのは著作権の強化ではない – 池田信夫 blog

Shrinked Tail 水曜日, 12月 20 2006 

Web2.0のBuzzwordの中でもLong Tailってのはどうも誇張されすぎている感があったが,またひとつ化けの皮がはがれちまったみたい。

I asked Web Analytics firm Compete if they could come up with some data to prove or disprove Fred’s hypothesis. Compete kindly provided me with some great data, which in a nutshell disproves Fred’s theory. According to Compete’s data, the top 10 domains are not shrinking – but proportionally increasing.

The Shrinking Long Tail – Top 10 Web Domains Increasing in Reach  – Read / Write Web

数としてTailは伸びているんだろうけど、比率から言ったら人気ドメインへの集中度は高まっているということか。その原因はMySpaceやFacebookなどの 「social networks」で、皮肉なことにWeb2.0の代表的サイトがBuzzwordを否定する形となってしまっている。

最近YouTubeで困っていること 木曜日, 12月 14 2006 


  • Britney Spearsのヌードを語ったビデオが蔓延してる。釣られて行って見ると画像が一つか二つあるだけで不細工な兄ちゃんにアホ呼ばわりされる。
  • それから「HOT SEX SITE」だの「AMATEUR BRAZILIAN GIRLS」だのと言った楽しげな文句の並んだお誘いが最近になってやたらと増えたが間に合ってますごめんなさい。Spam扱いしようにも差出人がYouTube Service [service@youtube.com]では、普通の連絡まで来なくなっちゃいそうで踏み切れない。Accountで着信拒否みたいな設定が出来たのか出来なかったのか面倒で確認もしていない有様。

Top Ten Tech Words of 2006 火曜日, 12月 12 2006 

NICK DOUGLAS はValleywagを去ったんじゃなかったっけ?

  1. Bubble 2.0
  2. Wikiality
  3. Death to user-generated content
  4. Consumer-generated media
  5. Web 3.0
  6. *Camp
  7. Net Neutrality
  8. Peanut Butter
  9. Valleywag
  10. Series of tubes

Top Ten Tech Words of 2006 – Valleywag

「Top Ten Tech Words of 2006」との事だが、なんか冴えないね。向こうの状況をチェックしていた人にはどれもおなじみの言葉ばかりであるが、IT業界の真っ只中にいても英語圏の情報に興味の無い人にはまったく聞いたことも無い言葉ばかりなのではないか。別に知ってたからと言って技術が習得できたり新しいビジネスが立ち上がったりするわけでも無いからいいのかとも思うが、全然知らずに「2.0」だ「CGM」だと喚いている人ってどうなんだろとも思う。余計な知識や情報などなしにえいやっと清水の舞台から飛び降りる行動力こそが何かを生んだりするんだろうけどね。ただ単に落死して終わりということも頻繁にあるけどね。

それにしてもわが国のランキングの幼稚さと周回遅れ感はなんなんだ。

  1. Web2.0
  2. Youtube
  3. mixi
  4. SEO
  5. 番号ポータビリティ(MNP)
  6. Google
  7. SNS
  8. ロングテール
  9. ワンセグ(ワンセグケータイ・放送)
  10. iPod
  11. ウェブ進化論
  12. IE7
  13. ドロップシッピング
  14. Gyao
  15. RSS
  16. Yahooケータイ(ソフトバンク)
  17. ブログ炎上
  18. Wikipedia
  19. ライブドアショック
  20. ポッドキャスティング
  21. Firefox
  22. Ajax
  23. API
  24. WILLCOM
  25. はてなブックマーク(ソーシャルブックマーク)
  26. マッシュアップ
  27. スプー
  28. 成分解析
  29. ガチャピンblog
  30. SMO
  31. あちら側・こちら側
  32. 涼宮ハルヒの憂鬱
  33. きっこのブログ
  34. 集合知
  35. W-ZERO3[es]
  36. GIGAZINE
  37. コレジャナイロボ
  38. digg
  39. パナマ(オーバーチュアの新広告プラットフォーム)
  40. myspace
  41. LPO
  42. CGM
  43. モバイルSEO
  44. Last fm

IT業界で働く人が選ぶネット話題語ランキング – RANKING JAPAN

やっぱ、Read/Write Web が良くまとまってる。

「Web2.0の落とし穴」 水曜日, 12月 6 2006 

画面から一旦目を離して一呼吸おいてから読んでみれば、どれもこれもWeb2.0じゃなくても当たり前のことやんけ。

あと必要なのはユーザだけだ
模倣は革新ではない
ネットイナゴ
応答性
Web2.0の落とし穴 – Geekなページ via はてなブックマーク – 注目エントリー一覧

商売だろうがイベントだろうがユーザーがいなけりゃ始まらないし、人真似が「革新」なんかである筈がないし、どんな分野でもバカより利口の方が希少だし、レスポンスが重要なのは機械だって人間だって同じ。

こーんな当たり前のことでエントリがひとつ出来ちゃうことこそ「Web2.0の落とし穴」だっつーの。

次ページへ »